ゆーすふるまっくす〜暮らしに役に立つ豆知識〜

明日から役に立つ豆知識集をお届けします。

防災グッズを100均で!これだけは揃えておきたい便利グッズ

   

防災グッズ

いざ自分の身に起こらないと、災害に関してはどうしても対岸の火事に感じてしまいますが、地震大国日本に住んでいるわたしたちはそのような考えではいけません!

100均ショップで安価に揃う防災グッズにも役立つものがたくさんあります。使う機会は自分にはないだろうからと思わずに、安価で用意ができ自分で作成可能な便利な防災アイテムもありますのでとりあえずの気持ちからでも揃えておくのをおすすめします!

 

100円均一ショップで揃えられる防災グッズ

 

スポンサーリンク

 

非常用防災バッグとその中身

 

いざ災害に直面したときに必需品の在庫がお家に残っているとはかぎりません。一刻を争う緊急事態にあれやこれやとアイテムを取り出すこともできません。

非常用の防災バッグを準備して防災グッズを常備しておきましょう。一分一秒を争う場合は玄関先等に備えておいた防災バッグだけでも持ち出して避難を始めましょう。

100均だけでもこれだけのものが揃えられます。

・非常用持出袋

防災グッズを収納しておくものです。専用のバッグを緊急用の防災袋として一つ用意しましょう。普段使いのバッグとは別にしてください。

 

・ウォータータンク

袋状になった折り畳み可能なウォータータンクです。非常用のペットボトルの水の備えとは別に水道を確保できる状態になったときに使用します。

 

・懐中電灯

100円ショップで様々なライトが販売されています。電池式のほかにも手動発電が可能なLEDライトもありますので両方備えておくとよいです。

 

・ウェットティッシュ

水分が含まれたウェットティッシュはいろいろな場面で役立ちます。

 

・非常用ロウソク

災害により電気が止まったあと、懐中電灯の明かりだけではいつ電池が切れるかわかりません。長時間燃え続ける非常用ロウソクとライターを常備してください。

 

・軍手

災害時にはガラス片や裂けた木材等の怪我につながる恐れのあるものが散乱します。軍手をはめて行動しましょう。

 

・金属笛

避難途中のアクシデントにより閉所に閉じ込められる可能性も存在します。救援のかたに自分の位置を知らせるために必要となります。

 

・防水・防寒シート

カッパやポンチョといった雨具や、防寒を目的にしたポンチョ型のシート等が販売されています。

 

・緊急用ハンマー

防災グッズを車に備えておくのも大切です。ウィンドウガラスが開かなくなった場合等はハンマーでたたき割り脱出する必要があります。

 

・レトルト商品や小型のお菓子・飴

食料や水については別途非常用の備えとして準備しておく必要がありますが、防災バッグの中にも多少の備えをしておきましょう。

 

・絆創膏や包帯、タオル

最低限の救護を目的としたアイテムも忘れないでください。

100円ショップに普段からよく行かれるかたはご存知でしょうが、いまでも続々増え続けるアイテム種類には驚かされます。

 

普段からの災害に備えた防災グッズ

 

地震の多い日本では耐震グッズの備えが必要となります。100均でも下記の防災アイテムを入手できます。

・耐震マット

・ガラス飛散防止シート

・ペットボトルの水や非常食

防災バッグに用意したもののほかにも非常用として筆記用具やメモ帳、ロウソクなども常備しておきましょう。

 

スポンサーリンク

 

自作で用意する防災グッズ

 

災害に備えていろいろな準備をしていてもやはり足りなくなるものは多々あります。手軽に作れる自作防災グッズをいくつかご紹介します。

・ツナ缶ランプ

オイル系の缶詰であればランプとして1時間ほど使用できます。缶詰の中央に穴をあけて、ティッシュでコヨリを作りある程度まとめて紐状の芯にしてください。燃焼後の缶詰は食べられます。

・ゴミ袋でつくるポンチョ

簡易的なものですが、直に雨に打たれるよりはましです。

・ダンボールとビニール袋で水タンク

ビニールに入れた水だけですとすぐに破れてしまいますし持ち運びが困難です。ダンボールに収納する形で運びましょう。

・タオルとビニール袋でつくるオムツ

持ち手のあるビニール袋の持ち手の最上部を切断し、袋の側面2か所を縦に裂き広げます。真ん中にタオルを敷き持ち手を結べば簡易オムツになります。

どれも簡易なアイデアのみの処置です。こういった処置をしなければならない状況を避けるように普段から準備をしてください。

 

お金はかかるがこれだけは持っておきたい物!

 

災害に備えて常備しておきたいものをあげればきりがありません。

ガソリン、発電機、寝袋、キャリーケース等々です。

備えあれば憂いなしですので、可能であれば常備されたほうがいざというときに役立ちますが、発電機まで所持するのはなかなか難しいものです。

アウトドアやキャンプ好きなかたであればお持ちになっているでしょうが、なかなか携帯ガソリン缶はご家庭にはありません。

多少の費用がかかっても持っていたいものとして、携帯電話・スマホに使用するモバイルバッテリーをお勧めします。

モバイルバッテリーであれば普段から使用できますし、災害時の停電でも家族や友人との連絡に重宝します。スマホのフラッシュが簡易ライトとして使用できますし、SNSを利用した救援活動や物資の手配、避難先の情報も確認できます。

電源が入らないスマホは無用の長物となります。避難所でのコンセントの確保も熾烈な争いになる可能性もあります。

防災情報、避難所の現状、今後の方針を含め欠かせないツールとなりますので、モバイルバッテリーは今の時代に必要な防災グッズの一つと言えますね。

 

スポンサーリンク