ゆーすふるまっくす〜暮らしに役に立つ豆知識〜

明日から役に立つ豆知識集をお届けします。

七五三で母親って何を着る?鉄板の服装とNG服装まとめ

   

七五三母親服装

七五三と言えば、子供はみんな着物を着ますよね。色とりどりの衣装で、可愛いわが子の姿が普段の何割増しにもなる行事だと思います。子供の衣装は事前にしっかり決めている人が多いと思いますが、母親の自分の衣装をどうするか忘れていたりしませんか?

父親は基本的にはスーツで大丈夫ですが、母親は迷ってしまいますよね。そんなお母さん方のために、七五三の母親の服装についてまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

七五三の時の母親の服装

両親の服装は子供の『格』に合わせ、なおかつ子供を引き立たせる服装をすることがマナーです。また、母親はスーツで父親が普段着等、両親の服装にバラつきがあるとマナー違反になってしまいます。ここで、母親の服装を紹介しつつ、その時の父親の服装も紹介していきたいと思います。

① 洋装
最近は、子供が和装でも両親は洋装という場合が増えています。母親と父親でカッチリスーツで固めなくとも、ワンピースやアンサンブル、軽めのセットアップスーツでも良いでしょう。

もし暗めの色合いの服装を選ぶのであれば、コサージュ等で華やかさを出してみるのも良いかもしれません。七五三の時期は肌寒いので、中に温かいインナーを着ておく事をお勧めします。

母親がこのような服装の場合、父親はフォーマルスーツで気合を入れなくとも、ビジネススーツでも良いと思います。ネクタイはピンクや白、シルバー系統のもので少し明るくしてみましょう。

② 和装
訪問着、附下(つけさげ)、色無地を選ぶと良いでしょう。お子さんより目立たないように、色が被らないように等、気を付けて選びましょう。お子さんの着物を決めるついでに、着物屋さんに相談するのが一番良いかと思います。

父親も着物を着る場合は紋付きの羽織・袴が望ましいでしょう。両親とも着物を着る場合は、特にお子さんを引き立てるものを選ぶことを意識して下さい。

スポンサーリンク

服装を決める上での注意点

七五三は神社で行うことが一般的ですが、神社という事は、神様の前に行くという事です。ですから、『これだけはダメ』という服装も決まっています。

当日主役のお子さんや、お父さんお母さん以外で参加する人も、服装のマナーには気を付けましょう。主にタブーとされているものは

・ジーンズ(本来は作業着のため、神様の前に進むのは失礼です)
・肩の出た服(キャミソールやタンクトップ等)
・華美な服装やセクシーな服装(胸の大きく開いた服等)
・ひざが出る服
・ミュールやサンダル等

寒い時期なのでこのような格好をする方が大変かもしれませんが、頭に入れておくと良いと思います。また、七五三に関係なく神社に参拝する場合も、出来るだけこのマナーを守ると良いでしょう。

いかがでしたか?七五三の場合だと、母親はお子さんの世話等で動き回る事が多いと思います。また、普段しないような事をするだけで、気疲れしてしまいますよね。ですので、無理して和装をせずに、洋装で行くことがお勧めです。

スポンサーリンク