ゆーすふるまっくす〜暮らしに役に立つ豆知識〜

明日から役に立つ豆知識集をお届けします。

お盆のお供えといえば!?お供えとお膳については知っておこう

   

お盆ときゅうりとなす

お盆のお供えのお膳の作法についてご存知でしょうか?現在では「お盆」の時点でお盆がどういったものなのかをよくわからない方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。時代の移り変わりとともにいろいろな風習は変化をしていきます。あなたにとって今は縁のないものであっても、ふとしたところで関わりが生まれるかもしれません。「お盆のお供えのお膳」というややこしそうなテーマを含めてお盆について知っておいてください。

スポンサーリンク

お盆とは

現在ではお盆とは一般的に8月13日から8月16日の期間をさします。旧暦である太陰暦が使われていた頃は7月13日からお盆を迎えていました。

太陽暦に変更された頃から現在の8月13日となっています。地域によって時期が異なり東京など関東圏の一部では7月15日を中心に行う場合もあります。

お盆とはご先祖さまをお家にお迎えする行事です。今では仏教行事として執り行われていますが、多くの行事と同様に、古来の信仰や風習が混じり合い現在の形になっています。

お盆のなかで新盆(にいぼん)というものがあります。これは故人を初めて迎えるお盆のことをいい、普段より丁寧に行い、お坊さんを迎えて読経していただきます。
お盆では13日にお家にお迎えして16日にお見送りをする。ご先祖さまや故人の霊に3泊4日の訪問をしていただき、供養とするものです。最近では夏季休暇(盆休み)の時期としての認識が強いみたいですね。
日本では推古天皇の時代(606年)にお盆の原型となる行事が行われていますが、一般的に庶民にまで広がったのが江戸時代の頃だと言われています。

お盆といえばキュウリとナス?

お盆のイメージの一つにキュウリやナスに割りばしやマッチ棒を4本さして動物のような形状に仕立てあげたものがありませんか?

あれはお盆のお供えものの一つです。キュウリは馬をあらわし、ご先祖さまの霊が早くお家に来られるように用意しておくものです。ナスは牛をあらわします。ご先祖さまがお帰りになる時にはゆっくりと、そしてお供えのお荷物も運べるようにとの意味合いが込められています。
他にも迎え火・送り火という言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか?どちらも提灯に火を入れてお盆の際に使用するものです。迎え火は13日にお墓参りをして、提灯に移したろうそくの火を絶やさずにお家まで持って帰ることで霊を迎え入れるものです。

ほかにも玄関先に提灯を吊るし、霊が迷わないように迎えるといった意味もあります。送り火は霊がお帰りをする際にお見送り、お墓までお送りするものです。
日本の多くの行事が一般庶民にまで広がったのは江戸時代ですので、地域により用意できる品物等の違いがあります。作法等も口伝えがメインとなったため、地域により作法に差異がありますので、ご実家の考え方や風習を引き継がれるのがよいですね。

スポンサーリンク

お盆のお供えのお膳について

普段のご先祖さまへのお供えであれば通常その日の家族が食べる食事の同じものをお供えするものですが、お盆では法事と同様に「霊供膳」として精進料理をふるまうのが基本です。お盆のお膳での礼儀作法として覚えてください。
お仏壇の前に「お盆棚」と呼ばれる祭壇を用意してお供えするのですが、一般的なご家庭では小さめの机等にクロスやござを敷きお盆棚に見立てています。

お膳はご先祖さまをもてなすために用意するものです。お仏壇側からみて手前にお箸が配置されるように気をつけてください。

「一汁五菜」が基本となります。ご飯と漬物を除いて、汁物が一品、おかずが五品です。お盆時期は1日3回ともにご用意するご家庭もありますが、かなり大変な支度となります。

「一汁三菜」のご用意でもじゅうぶんなご馳走です。
お仏壇からみて手前左側より並べます。精進料理であればそれぞれのメニューに決まりはありませんので一例として下記をご覧ください。

1段目に、
飯椀・・・白飯・炊き込みご飯
漬物皿・・・キュウリとナスの浅漬け・白菜の漬物
汁椀・・・絹豆腐のすまし汁 三つ葉きざみ

中央に、
小皿(いためもの)・・・きんぴらごぼう

3段目に、
平皿(煮物)・・・がんもどき 結び昆布
膳皿(すのもの)・・・大根 ニンジン キュウリ 薄揚の胡麻和え

昔と違って現代のわたしたちの食事内容大きく変わっています。上記のお膳もお盆の時期に一度だけ、15日を目安にご用意させていただけばよいと思います。

各々の正式なしきたりや作法は時代の流れとともに変化していきます。お盆のお供えのお膳の作法もある時代の流れのなかで地域ごとに完成したものです。

お仏壇にロウソクだけの明かりを使用していた時代から電気照明が使われるようになっています。準備に手を抜くという考え方ではなくご先祖さまへのおもてなしを面倒に感じながらお盆を迎えることのほうが失礼にあたるのではないでしょうか?
作法を大切にしながらあなたに負担のかからない形でご先祖さまをお迎えしてお盆を迎えてください。

スポンサーリンク