ゆーすふるまっくす〜暮らしに役に立つ豆知識〜

明日から役に立つ豆知識集をお届けします。

ゴーヤの佃煮を作ってみませんか?苦くないように作る秘伝の技

   

ゴーヤ

最近では、都内でも沖縄料理を提供するお店が増えましたね。沖縄料理と言えばソーキそば、ゴーヤちゃんぷるなど認知度の高い料理もあります。沖縄ならではの食材を使った料理は、新たなジャンルの開拓でもあります。

その中でもゴーヤは、沖縄での生産量が高くゴーヤを使った料理のレシピも増えてきています。最近では、ゴーヤの佃煮がにわかなブームとなっていますので、ゴーヤの佃煮を調べてみます。

スポンサーリンク

 

ゴーヤって何?

まず、ゴーヤを知らない人、食べたことが無い人、ちょっと苦手な人もいらっしゃるので簡単にご紹介します。ゴーヤは、学術的な正式名は「ツルレイシ」と読ばれます。ウリ科の植物で、果肉が苦いことで「にがうり」という名前で呼ばれています。

ゴーヤとは・・・、沖縄での呼び方が一般的であり、広く知られるきっかけは沖縄料理店も一意ありますが、『ちゅらさん』(NHK)のドラマの影響が大きいとされています。

夏になるとグリーンカーテンということで、自宅や商業施設でゴーヤを栽培している風景も見かけたりしますね。収穫時は、大きいゴーヤがたくさん実っているのをお見かけしたことがある人も多いかもしれませんね。

ゴーヤは栄養価も高く、夏バテにも効く食材ともされるので、暑い時期はゴーヤ料理は重宝する食材かもしれませんね。

 

ゴーヤ佃煮の作り方

ゴーヤ佃煮

出展:http://www.recipe-box.jp/recipe/2735/

 

簡単にできるレシピをご紹介します。

1.ゴーヤ(2本)を縦に半分に切って、中のワタを取り除きます。
2.ゴーヤを薄切りにして、塩もみをします。
3.2をさらに並べて、電子レンジで、1分間、加熱します。
4.3のゴーヤを水洗いします。
5.フライパンに油(適量)を入れて、4のゴーヤを投入して、軽く焼きます。
6.醤油(50cc)、酢(50cc)、砂糖(100グラム)を投入して、中火で煮詰めます。
7.水分がなくなるまで、煮詰めたら、鰹節(80グラム)、お好みでゴマを加えます。

 

苦くないように作るコツ

スポンサーリンク

ゴーヤの苦さは好みで分かれることもありますが、小さいお子様がいるご家庭は、苦くない味が好まれます。そのため、先ほどのレシピでワンポイントを丹念におこなってください。

それは、”2.ゴーヤを薄切りにスライスして、塩もみをします。”で、苦い原因となるゴーヤの水分に対して、十分に塩もみを行い、ゴーヤの水分を少なくするようにします。この作業で、味が格段に違ってくるので、試してみてください。

 

ゴーヤの佃煮ってご飯やお酒のお供にしか食べる方法ない?

ゴーヤの佃煮を使ったレシピでパスタがあります。パスタの具として、ゴーヤの佃煮を使用してパスタにあえると、和風のパスタになります。類似ではありますが、うどんやそばに添えても和風テイストで召しあがっていただけます。

ゴーヤのレシピはゴーヤちゃんぷるが有名です。ゴーヤ料理の代表格ではありますが、ゴーヤの佃煮も最近では作られる方が増えてきました。暑い夏にはゴーヤの苦さが美味しく感じられるのではないでしょうか?

身近にゴーヤがありましたらゴーヤの佃煮を試してみてはいかがでしょうか?新たな定番メニューに加わるかもしれませんよ。

スポンサーリンク