ゆーすふるまっくす〜暮らしに役に立つ豆知識〜

明日から役に立つ豆知識集をお届けします。

結婚式にお呼ばれされた時気をつけるべき最低限のマナーやポイント

   

結婚式マナー

結婚式はとても良いお祝い事ですね。友達など続くときは立て続けに続いたりします。前から日程も分かっているのに、近くなって慌てたりという事も良くあります。

最近では友達の結婚式ではカジュアルスタイルな事も多くあり、そこまでマナー通りにというのを気にしなくもなってきています。上司やお偉いさんではマナーを気にして緊張なんて事もあります。ここでは最低限のマナーのポイントを押さえておきましょう。

スポンサーリンク

お祝儀について

まず奇数の金額という点は常識です。3万5万などです。そして一番悩むのが金額です。お偉いさんや親族やらでは大きい金額を包む場合が多いかと思いますが、一般的には友達同僚など3万円を包めば問題ないでしょう。

友達など親しい人などで1万円や2万円を1万円札1枚と5千円2枚で包むという人も聞きますが、やはり無難に3万円は包んだ方が良いと個人的には思います。又、新札は常識です。なかなか平日しか銀行がやっていないなどで不便ですが、前もって誰かに頼むなどして用意しておきましょう。

最悪結婚式場のフロント等でも多少は用意しているとの事ですが、式前はどたばたしますし当日準備ですと落ち着かないので前日までにご祝儀袋に入れた状態で用意したいものです。

また、ご祝儀袋の書き方ですが、筆ペンをしようしましょう。忘れてはいけないのが中袋への金額と裏面に自分の住所等などの記入です。漢字は壱萬といったように難しものをつかいます。裏面は細めのサインペンでも良いかとも思います。しっかりと、住所を書くことがポイントです。お金を計算する際、誰がいくら包んでくれたか確認しにくくなってしまいます。

服装について

男性はスーツでネクタイなどを考えれば良いかと思いますが、女性は悩みどころだと思います。一般的に親族でなかったらドレスが良いと思います。あまり露出が多いものでなければ、又ショールやカーディガンなどを羽織ればどんなものでも大丈夫かと思います。

色は、派手目のものはいけないと思われがちですが、逆に女性の場合ちょっとくらい色物の方が良いと思います。男性はスーツで全体的に黒い暗い感じに思われがちですし、女性でも暗めのネイビーやグリーンなども人気なので、式場全体が暗くなりがちです。結婚式は喜ばしいお祝いの席ですので、思っている以上に気持ち明るめの色を選びましょう。

髪の毛もアクセサリーも常識内で気持ち派手目にしましょう。又ストッキングですが基本はベージュです。ピアスはNGでイヤリングが好ましいとされていますが、この2点は最近ではあまり気にしない方が多いので、友達の結婚式なんかでしたらそこまで気にする必要はないかとは思います。

スポンサーリンク

テーブルマナー

フランス料理なんかも多い結婚披露宴テーブルマナーも気になります。最低限失礼のないような行動でしたらそこまで気にしすぎる必要もないかと思います。絶対的にNGなポイントを押さえときましょう。

お酒も多く出され特に友達の式ですとみんな飲みすぎて盛り上がりがちです。しかし、飲みすぎ酔っ払い行為はだめです。いくら仲のいい仲間の結婚式でいっぱい飲んで良い酔っぱらって楽しんでと言われても、周りにはたくさんの親族や相手方の会社の人や友達もいるという事を忘れてはいけません。きっと親族からしたら、いい気はしないはずです。

派手に盛り上がるのは2次会以降にしましょう。気を付ける点としては、膝にかけるナプキンがありますが床に落ちている人をよく見かけます。失礼にあたりますので気を付けましょう。食べる際は、音を立てる、スープをいっきにすするなどがなかったら問題ないかと思います。

又コースのお料理は量も多く次々に出てきます。食べ終わらないと次の食べ物が出せない事もありますので、食べれない際は一言言って下げてもらうのはOKです。

スポンサーリンク