ゆーすふるまっくす〜暮らしに役に立つ豆知識〜

明日から役に立つ豆知識集をお届けします。

結婚式の「お車代」ってどうすればいいの?金額と渡し方まとめ

   

結婚式お車代

結婚式の日程が近づいて来ると、実に様々な出費が必要となってくるものでその中でも大きな出費が「お車代」です。

結婚式における常識というものは意外と知らない事の方が多く、特にこのお車代はお渡しする人により金額も変わる為、分かりずらい出費でもあります。

又、遠方から来られる方々に失礼のない渡し方もしたいものでもありますね。

ここではその分かりずらいお車代についての封筒の書き方や金額など、注意しておきたい事例をご説明していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

お車代はどんな封筒に入れればいいのか?

 

人生において1度あるかないかのお車代の準備。お車代は一体どの様な封筒に入れて渡せば良いのでしょうか?これは結局入れる金額とのバランスが最も重要になります。

一般的には

・1万円以下は無地の封筒かポチ袋

・1万円以上ならご祝儀袋

と言われています。

ただ注意しなくてはいけないのは、ご祝儀袋は「結びきり」の封筒を使う事です。蝶結びの封筒は「結びなおせる」意味合いもあるので、結婚式にはふさわしくないのは言うまでもありません。

 

 

お車代の金額は?渡す相手は?

 

結婚式に出席してくれた「お礼」としての「お車代」。

主賓や友人などそれぞれ金額は異なりますが、お車代は乾杯の発声や祝辞などをしてもらった人にはそのお礼も含めた意味合いもありますので、普通のゲストとは差別化して多少多めのお車代を包むのが普通です。

 

 

お車代を渡すべき人

 

・主賓挨拶、祝辞、乾杯を依頼した人

10,000円〜

これはあくまで最低額であり、その人の立場が上な方の場合は30,000円くらいは包む場合もあります。

 

・受付けを依頼した友人

3,000円〜5,000円

受付けを依頼した人には、だいたいこのくらいの金額が相場と言えます。

 

・遠方からのゲスト

出来る限り、遠方からのゲストには交通費全額の負担が望ましいものではないかと思います。

 

もし、予算的に厳しい場合は「お気持ち」という意味で、実際かかった交通費の半額というのがキリのいい金額と言われています。

又、現金ではなく事前に飛行機や新幹線のチケットを購入してゲストに送付しておくなんていう方法もあります。

 

お車代封筒の書き方は?

 

スポンサーリンク

 

表書きとは?

 

封筒には、新郎新婦の名前と「表書き」を書きます。

や表書きというのは封筒の上の部分の「お車代」や「お祝い」などと書いてある部分です。実際、何と書くかと言うと遠方からのゲストのお車代には「御車代」と書きます。

友人、主賓・来賓、親戚など全て共通となります。

ただし主賓が遠方ではなく近くに住む場合「御車代」だと不自然な感じなので「御礼」と書きましょう。

 

氏名欄には?

 

1・新郎側の友人、主賓、親族には新郎の名字

2・新婦側の友人、主賓、親族には新婦の名字

3・新郎新婦共にお世話になった人には連名で記載

 

お車代渡す時の注意とタイミングは?

 

お車代を渡す時の注意

 

・お車代の封筒の口は糊づけする人としない人がいますが、お車代の意味はすぐに使ってもらう為のお車代なので、糊づけは必要ありません。

・お車代のお金は新札を準備し「のし袋」に入れます。文房具店には「御車代」と印刷されたものもあります。

・感謝の気持ちを一言添える。

・ゲストにはあらかじめ「お車代」の事は伝えておき、こちらの負担する額を伝えておく必要もあるでしょう。

 

お車代を渡すタイミングは?

 

・(その1)直接渡す

結婚式の最中は忙しくなかなか渡すタイミングが見つからないので、お開きの時康弘二次会の時に渡すのもいいでしょう。

ただし、二次会の時に渡すのであれば出欠を事前に確認しておく事が必要です。

 

・(その2)式の受付けの時

結婚式が始まってからでは何かとバタバタしてしまいますので、始まる前の受付けの時は確実なものかもしれません。

 

・(その3)両親に頼む

結婚式当日、自分たちで渡す事にこだわると忙しさのあまり渡し忘れてしまう人もできかねません。こういう場合は両親にお願いするのも方法の一つです。

 

・(その4)結婚式のお開きの時

お開きの時なら、上司や主賓など挨拶をしながらお車代を渡す事も可能です。

 

・(その5)結婚式の最中

目立たない様に渡したい時は、キリのいいタイミングだと逆に目立ってしまうので、式の最中に身内に頼んで渡してもらいましょう。

 

スポンサーリンク