ゆーすふるまっくす〜暮らしに役に立つ豆知識〜

明日から役に立つ豆知識集をお届けします。

歯の黄ばみは防げる?原因と予防とガムの効果に迫る

   

歯の黄ばみ

歯の黄ばみを気にしている人は多いと思います。歯の黄ばみが気になって、思い切って口をあけることも、笑うこともできない……

そんな悩みを抱えている人も少ないないのではないでしょうか。そこで今回は、歯の黄ばみの原因や予防法について書いていきます。

 

スポンサーリンク

 

黄ばみの原因は

 

歯の黄ばみの原因は、色素の沈着です。食べ物や飲み物などに含まれる原因物質が歯に付着し、それが溜まっていくことで黄ばみになっていきます。

原因はさまざまですが、もっともよく知られているのは、煙草ですね。煙草のヤニは、確実に歯の黄ばみの原因となります。

また、それ以外にも口に入るさまざまなものが原因になります。

 

原因となる食べ物は

 

食べ物や飲み物も、当然黄ばみの原因となります。カレーやチョコレート、醤油やソースを多用した料理などはわかりやすいですね。飲み物では、赤ワインやコーラ、コーヒーが知られています。

やや意外なところでは、イチゴやブルーベリーといったベリー類も黄ばみの原因となるようです。当たり前といえば当たり前ですが、もともと濃い色のついている飲食物が多いです。こういったものの色素がだんだん蓄積していって、歯が黄ばんでいくわけです。

 

生まれつきのこともある?

 

体に関する悩みの多くは、体質に左右されます。歯の黄ばみに関しても、生まれつきの体質に左右される部分が大きいのも事実。

はじめのほうでは単純に「歯に色素が沈着する」と書きましたが、実際のメカニズムはもっと複雑で、口の中の分泌物などが関わっています。分泌物の質や量は体質によって変わってくるので、個人差が出ます。

そのため、同じような食生活をしていても、すぐに歯がきばんでしまう人とそうでない人が出てきてしまうわけです。

この体質自体を改善するのは、残念ながら難しいです。歯が黄ばみやすい人は、しっかりとした毎日のケアで色素の沈着を防ぐよう心がけましょう。本当にひどい場合には、歯医者さんにいってクリーニングしてもらうこともできます。

効果を出したいならこれがもっとも確実な方法なのはいうまでもありません。セラミックを歯の表面に貼り付けるなんていう驚きの方法もあるそうです。

医師と相談して、自分にあったやり方を選びましょう。

 

スポンサーリンク

 

歯の黄ばみ予防策は

 

ここからは、歯の黄ばみに対する予防策について書いていきましょう。

 

予防のためには、まず歯磨きが重要

 

予防という点では、いうまでもなく歯磨きが大事です。毎日しっかり歯を磨いて、色素が歯に沈着していくのを抑えることが重要になります。

ただし、だからといってあまり強く磨きすぎるのも問題です。歯の表面を傷つけることで、逆に色素が沈着しやすくなる……というおそれがあります。

また、歯の表面に傷をつけると、虫歯の原因にもなりかねません。そして虫歯もまた、歯に色素が沈着しやすくなる原因となります。歯磨きも、度を超すと逆効果になってしまうのです。

 

ガムも効果がある?

ガムにも一定の効果はあるようです。特に「○○効果」というものを謳っているようなものでなくとも、ガムを噛むという行為自体に、歯に付着した汚れを取り除く効果が期待できます。

ただしその場合も、糖分が多いものや、着色料を大量にふくんでいるようなものは避けましょう。「歯の白さを保つ」という点では、あきらかに逆効果です。

 

まとめ

歯の黄ばみをおさえるためには、まずなにより歯磨きが大事です。原因になる飲食物をとらないというのは、食生活を狭めてしまうのでおすすめできません。

それが栄養バランスを偏らせたりストレスの原因になったりという悪影響も考えられます。食べないことよりも、食べた後のケアを考えたほうがいいでしょう。

特に、体質的に歯に色素が沈着しやすいという人は、一回の食事ごとに歯を磨くといいでしょう。ただし、あまり強く磨かないように注意を。

どうしても気になるというときは、歯医者さんにいきましょう。

 

スポンサーリンク